サバゲー始めたいけど費用っていくらかかるの?

最近、日本も憲法九条改正等で賑わっていますが、そういう自衛隊や戦争絡みのニュースを見ていたら、すぐ感化されてしまう自分はサバゲーに興味が出てしまいました。でも実際やるとなると、人数も揃えなくちゃいけないし、装備も買い揃えなくちゃいけませんよね?ぶっちゃけて言うと、サバゲーを始めるとしたら、一体いくらぐらい必要になるんでしょうか?初めてでも気軽に参加できるんでしょうか?大体の相場でいいので教えてください。

サバゲー(サバイバルゲーム)に掛かる費用はピンキリ

領有問題やアジア圏の緊張が高まる中、注視される集団的自衛権の活用、日米同盟の確固たる結束による安全保証ですが、それはさておき、ミリタリー、迷彩服、重火器類を見ると、何故だか己の何かが昂ってきますよね。そんな気持ちを発散出来るのがサバイバルゲーム、通称サバゲーですが、まず最低装備が必要になってきます。

サバゲーに絶対必要となってくるのは、エアガン、ゴーグル、BB弾、迷彩服、トレッキングシューズ等ですが、エアガン・ゴーグルについてはレンタルが可能です。迷彩服やトレッキングシューズについても、サバゲーに適していればこの限りではありません。最低これだけあれば、サバゲーは出来てしまいます。

ただ、今述べたのは本当に最低限、それもレンタルと持ち合わせでという話ですから、折角始めるなら、まとめて装備を購入する方向で考えてみては如何でしょうか。最低限の購入であればエアガン・ゴーグルでおおよそ20,000~30,000円、本格的に迷彩服やトレッキングシューズ、その他手袋ひざ当てBBボトル等を購入するとなると40,000円~となっております。

お金に余裕があるのであれば全部購入、やや予算に合わないようであれば一部購入という方法もありますので、ミリタリーショップの店員さん、先輩経験者等に相談しながら揃えると良いでしょう。

最低初期費用だけで言うと装備が最低4,000、参加費が3,000~、プラス交通費昼食代等が出てきますので、少なくとも10,000は掛かると見ておいた方が良いでしょう。また、参加するのに色々不安がある方は、有料ですが講習会を開いている所もあります。行って予備知識を蓄えてみては如何でしょうか。

趣味には出費がつきものです。無理な浪費をせず、サバゲーという新しいフィールドを開拓出来ると良いですね。

サバゲーの費用もカードローンで解決できます

サバイバルゲーム事、サバゲーが人気であることをご存知でしょうか。簡単に言ってしまえばガス式、電動式でBB弾と言われるプラスチック製の小さな弾を打ち合い、当たったら即負けになります。大人数で、建物の中や林の中などシチュエーションを決めて行われることが通常です。もちろん、安全性に考慮し、周囲の人間に迷惑をかけないように、土地の所有者や建物の所有者に許可を取った上で、目を保護するためのゴーグル等の安全にプレイするために必要な道具を揃えた上で行います。愛好家が多く、サバゲー用に土地を貸している人もいるくらいです。

そんなサバゲーですが、初めから用意を始めるとかなりの費用が必要になります。まず安全性を確保するためのゴーグル。擦り傷などを作らないためにしっかりとした服。野外で活動するなら迷彩服が欲しい所です。また、好みにもよりますが、連射式のライフルが無いと初心者は攻撃を当てる事すら難しいでしょう。その上で、近距離用、弾切れに備えた拳銃、ナイフなど、上げ始めればきりがありません。ガス銃も電動銃も一長一短があり、良く調べてから始めても、自分の性格の向き不向きで方向性を変えたくなることもあります。また、弾やガス、バッテリー、移動費や会場費等諸経費、維持費も必要です。そんな時にカードローンはいかがでしょうか。銃など比較的費用の掛かる装備をカードローンで購入し、ポイントで優遇されるシステムを使えば弾薬費も節約できます。

即日発行されるカードもあるので、忙しくい合間の少ないチャンスで参加するときもあった方が便利です。敷居が高そうに感じることもありますが、女性の愛好家も増えており、チームで戦うようなゲームも多いので、交友関係も広がります。ネットや戦術や装備について熱い議論を交わす人も多いものです。カードローンを味方につけて、サバゲーの世界に足を踏み入れてみてはいかがでしょうか。すでに経験済みの方もカードローンで世界が広がるはずです。

▲ トップへ戻る
Copyright (C) 2017 『カードローン審査』に高確率で通過できる?!業者一覧! All Rights Reserved.